最近の記事

2011年03月19日

この一週間で考えること

東日本を襲った地震・津波から約一週間が経ち、

死者の数がついに阪神大震災を超えた。

地震から2.3日経った頃にはある程度予想はできた数字だけど

改めてその規模の大きさを実感するし

まだまだ拡大していくことも予想できるから辛い。


亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


そしてご家族、ご親族、ご友人には

心よりお悔やみを申し上げるとともに

今の置かれている危機的状況を乗り越えて

笑顔を取り戻せる日が来ることを信じて

頑張って欲しいと、只々願うばかりです。



今回こういった経験をすることで

自分がどれだけ幸せな環境に置かれているのか改めて感じ

これからの人生につなげていかなければいけないとも感じた。




あと、

報道の在り方ももっと考えていかなければいけないのでは

と、感じるのは私だけなのでしょうか。


ここまでの状況になったのなら、この際

原発事故のみ、津波地震被害のみ、交通情報のみ、一般番組のみといったことを

局別に割り切ってやったほうがいいと思う。

どの情報も日本のいろんな方が知りたい情報だけど、

それが固定されていないと収拾がつかない。


避難所からカメラを回し、ワイプで出すだけでもいいと思う。

わけのわからん女子アナの悲壮な表情などいらん。


まあいろんなことを言いだしたらきりがないし

各々いろんな意見があるのだから、

何がベストなのかはすぐにはわからないし

「それができたらやってるよ!」

という現場の意見もあるかもしれないけど。



少し話かわりますが


AC(公共広告機構)のCMが

耳障りだと抗議が殺到しているらしい。


その抗議をうけてAC側も

最後の「エーシー」の部分の音を消したらしい。


これが現場以外からの抗議だとすれば

どんだけ暇な抗議なんだ。
posted by ぴろし at 12:43| Comment(0) | ニュースや社会から考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。