最近の記事

2012年04月12日

スペイン&フィンランド時々タリンのはなしとか(2日目前編)

P4024570.JPG

朝ご飯をもりもり食べて2日目スタート。

今日はあらかじめ申し込んでおいたオプションに参加する日。

その集合場所のゴシック地区まで地下鉄で行くと

見えてきましたカテドラル(大聖堂)が。

P4024587.JPG

ここも立派な観光地です。

さて時間になるとたくさんの日本人がカテドラル前にいて

どうやらオプションツアー参加者の面々のようです。

そしてバスに乗り、モンジュイックの丘へ。

モンジュイックの丘は少し小高くなっていて市内が一望出来る場所です。

ここにはバルセロナオリンピックの舞台となったスタジアムや

同じく室内競技に使われた磯崎新さん設計のパラウ・サン・ジョルディがあり

他にもカタルーニャ美術館やミロ美術館があって

時間があればもう少しゆっくり見たい場所でした。

そして我々を乗せたバスは街中に戻りメインストリートのグラシア通りに。

そこに見えてきました。

P4024609.JPG

カサ・バトリョです。

ガウディの建築物の一つで2005年に世界遺産に登録されています。

カサ・バトリョとは「バトリョ邸」つまり家ですね。

バスからカサ・バトリョを眺めつつバスは一路、北へ。

グエル公園へ。

P4024620.JPG
トカゲの噴水

P4024649.JPG

ここはグエルという資産家とガウディが作り上げたちょっとした街で、

分譲住宅なのですが全然買い手がつかなかったそうです。

P4024624.JPG

広くてスケールがでかいんです。

P4024634.JPG

なんとも色鮮やか。

しかし観光客の韓国人おばちゃん集団も負けてません。

半端ない色、半端ないサングラス。

P4024657.JPG

さてグエル公園を後にして

最後の目的地サグラダ・ファミリアへ。

P4024660.JPG

ここは皆さんご存知の通り

未だに建築中で完成予定はは2024年だそうです。

でも集客数(建築費用)が増えればもっと早まるとか…

画像の右側から建築が始まり左の方はまだまだ新しい。

色の差がでています。

ガウディはグエル公園の建築終了後から

このサグラダ・ファミリアにすべてを注いだそうです。

これまで稼いだ収入もすべてこの建築費用にあてたらしく

ガウディは路面電車にひかれてこの世を去ってますが

その時は浮浪者のおじいさんだと誰もが思ったらしく

サグラダ・ファミリアの建築関係者の中では

しばらくガウディが見当たらなくて探しまわったのだとか。

その時のガウディはほとんどお金がなかったのだとか。

そんなガウディの代名詞サグラダ・ファミリア

P4024679.JPG

見れば見るほど考えられた細かな彫刻美に圧倒されます。

P4024727.JPG

中も今はかなり完成しています。

きれいですね。

P4024711.JPG
完成予想

これをみるとまだしばらくかかるのかなと感じますね。

P4024735.JPG

左側の方が少しパステル調の色がついているのわかりますか?

実は最終的には全体に少しパステルがかった淡い色の着くそうです。

地下にある博物館にいくと完成予定の色が着いた絵が貼られています。

今の土色も素敵ですけどねー。


さてこのサグラダ・ファミリアでツアーは解散。

午後からはカンプノウ見学ツアーに参加のため移動です。

つづく

次回:スペイン&フィンランド時々タリンのはなしとか(2日目後編)
posted by ぴろし at 00:00| Comment(0) | 生活日記 -旅行・イベント編- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。